タグ:京都 ( 47 ) タグの人気記事

2011年 04月 21日
インクラインのさくら
b0153719_12173198.jpg


b0153719_12174661.jpg


b0153719_1218065.jpg


b0153719_12181516.jpg


b0153719_12182622.jpg


b0153719_12184247.jpg


b0153719_12185436.jpg


b0153719_1219814.jpg

▼ずっと昔ですが、このインクライン沿いの桜を初めて見た時の感激が忘れらませんでした。
確か学生時代だったとは思いますが、そんな昔々を思い出しながら、又も楽しい一時を過ごして来ました。
訪ねた時間はまだ朝八時ちょっと前ぐらだったと思いますが、既にカメラを持った人々が沢山でビックリ!
ここも京都の桜の名所だけに、皆さん朝早くから狙って来られているんだろうなぁ~って実感でした。
この日もお天気が良く、朝から暖かだった事もあり、桜も八分~九分咲きって感じで見事。
結構熱くなって夢中で撮影しまくったのですが、結果はこんな感じでお恥ずかしい。・・・
結局この界隈を二時間半ぐらい歩き回り、お昼ちょっと前の京都駅発列車で京都を後にしました。
春の京都、本当に楽しかった!桜以外の画像は又暫く後からUPさせて頂きたいと思っております。・・・
[PR]

by macky5-fs | 2011-04-21 12:36 | 風景
2011年 04月 18日
祇園のさくら・・・
b0153719_1124448.jpg


b0153719_11241744.jpg


b0153719_11243388.jpg


b0153719_1125658.jpg


b0153719_11252074.jpg


b0153719_11253821.jpg


b0153719_11255375.jpg


b0153719_1126610.jpg

▼ちょっと体調を崩し、一週間ほど臥せってしまいました。でもやっと昨日は何とか復活!
そんな訳で、続きの京の桜写真を又UPさせて頂きたいと思います。・・・
この日は一日中歩き回って三条京阪までバスで戻り、疲れ切ったから即宿泊ホテルに戻ろうと思いました。
でも又そこでちょっと欲が出て、足を引きずりながらも祇園・白川沿いの夜桜を楽しんで来ました。
ともかくこの日の京都では、桜の花が一斉に開いた日だった為からか、白川沿いは凄い人出で大賑わい。
写真を撮るにも構図をじっくり考えて・・・なんて事は無理状態で、結果ダメ写真ばかりに凹みました。
まぁ~夜景を手持ちで撮る事自体がお馬鹿ですし、まして暗いズームレンズでってのも最悪。・・・
何時も何時も夜景撮影には反省するものの、重い三脚持っての旅はちょっと考えちゃいますね。
UP画像はまだ何とか見れるか?程度の画像で恐縮ですが、祇園の夜桜風情を感じて頂ければ嬉しいです。
[PR]

by macky5-fs | 2011-04-18 11:50 | 風景
2011年 04月 08日
都のさくら!
b0153719_1319816.jpg


b0153719_13192294.jpg


b0153719_13193578.jpg


b0153719_13194926.jpg


b0153719_1320247.jpg


b0153719_13201549.jpg


b0153719_13203270.jpg


b0153719_13204535.jpg

▼今シーズン最後の青春18きっぷ旅は、昔からずっと大好きな京都を訪ねて〆る事にしました。
そして前から是非一度お逢いしたいと願っていた方ともお目に掛かる事が出来ました。・・・
朝五時半に家を出発。四月になったとは言えども、外は気温-4℃という寒さに唖然。
まぁ~去年の春の様に雪が降らないだけマシかなぁ~と思いながら、駅へと足を急がせました。
京都に着くと例年よりも桜の開花が遅れているとは言え、やはり北国の我生息地とは違ってかなり暖か。
上に羽織っていたスウィングトップは暑苦しくて、シャツとコットンベストだけで十分でした。
今年初めての桜は宇治の平等院にて。・・・到着日の翌早朝、京阪電車に乗って宇治へと向かいました。
この日はもう初夏を思わせる様な温かさ。天気に恵まれた青空の下、綺麗に咲き誇る桜に癒されました。・・・

▼恐縮ですが、前記事では次回から東京EAST シリーズをUPすると予告させて頂きましたが、
旬の桜画像が後になっては・・・と思い、とりあえず京の桜を優先的にUPさせて頂きますのでお許し下さい。

▼京都の素敵な方と・・・
[PR]

by macky5-fs | 2011-04-08 14:24 | 草花
2010年 12月 13日
辰巳橋界隈
b0153719_11104190.jpg


b0153719_1111520.jpg


b0153719_11111973.jpg


b0153719_11113339.jpg


b0153719_11114787.jpg


b0153719_11121594.jpg


b0153719_1112153.jpg


b0153719_11122770.jpg

▼青春18切符を使っての僅か二泊三日の京都旅行でしたが、今回も本当に良く歩きました。
時間的には実質一日半ぐらいだったと思いますが、行けば行く度に京都が一層好きになっちゃいます。
今回の撮影散歩は辰巳橋界隈で最後になりましたが、伝統的建造物群保存地域に指定されている
この界隈の風情は素敵です。昔に比べてかなり綺麗に整備されちゃいましたが、夜の風情も格別ですね。
出来れば桜の季節に来たいなぁ~と思いながら、あの与謝野晶子のみだれ髪の中で有名な、
「 清水へ 祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人みな美しき 」なんて世界を想像しちゃいました。 (^^ゞ
画像的にはお恥ずかしいのですが、自分は六枚目の舞妓さんの写った写真が好きなんです。
とっさに振り向いて慌てて撮った画像なので、ピントは右端の女の子の方に行っちゃったんですが、
こんな祇園の夜の日常風景ってのも良いなぁ~って思っちゃいました。・・・
長らくご覧頂きました京都シーズ第二段はこれにて終了とさせて頂きます。ご覧頂きありがとうございました。
次回からは先月撮影散歩した東京神田~鶴見~横浜~横須賀シリーズをUPしたいと思っております。
又々拙い雑写真ばかりですが、どうぞ次回も宜しくお願い致しまぁ~す。・・・
[PR]

by macky5-fs | 2010-12-13 11:37 | 風景
2010年 12月 10日
寺町通から三条大橋方面へ
b0153719_14284850.jpg


b0153719_1429177.jpg


b0153719_14291860.jpg


b0153719_14293359.jpg


b0153719_1429553.jpg


b0153719_14301583.jpg


b0153719_14303814.jpg


b0153719_1431293.jpg

▼寺町通を矢田寺近辺まで南下。この界隈の風情も何故か好きで、良くフラフラ歩いちゃいます。
私、一枚目写真の「桂月堂」というお店の「瑞雲」というお菓子が好きなんですよぉ~。
お店の外観もちょっとカラフルレトロなのが、ハイカラだなぁ~って思っちゃいます。
そして二枚目写真の様な大衆食堂って、私世代の人はみんな好きじゃないかなぁ~。?
今度又京都へ行ったなら、にしん蕎麦+カレーライスでも食べてみたいと思います。 (^^ゞ
写真三枚目は火炎地蔵の矢田寺!このお地蔵さんをお参りする方って何時もいっぱい目にしますが、
ご利益があるのでしょうね。今、自分も願掛けしてますが、叶ったら必ずお礼参りに行くつもりです。
そしてこのお寺の目と鼻の先にある、すき焼きの「三島屋」も良いスタイルしてますよねぇ~。
二階の作りなんか、もう見てるだけでもそのレトロさがたまりません。・・・
ここから東に向かって三条大橋方面へ。五色豆の「船はしや」の建物も風情があって好きです。
三条大橋を真ん中まで渡ったら、あっ!東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さん像を撮り忘れてUターン。
子供の頃はこの話が大好きで、何度と無く本を読んだ事が懐かしいです。
そう言えば話の中に登場する静岡・丸子宿のとろろ汁を、二度食べに行った事もありました。・・・
三条大橋を渡ってからは、ちょっと路地に入って南下。最後の目的地である辰巳橋へと向かいました。
和服姿のご夫妻が良い感じ!最後写真の紙屋さんらしき建物も素敵でした。
[PR]

by macky5-fs | 2010-12-10 15:11 | 風景
2010年 12月 07日
寺町通界隈
b0153719_8253446.jpg


b0153719_8254852.jpg


b0153719_8273024.jpg


b0153719_8261675.jpg


b0153719_826230.jpg


b0153719_8263429.jpg


b0153719_8265771.jpg


b0153719_8271410.jpg

▼前記事の後は宿泊先のホテルに一旦帰り、熱いお茶を飲みながら一服しちゃいました。
少し辺りが夕暮れ時で薄暗くなって来た頃になって、買い物を兼ねて夜の街を撮りに出掛けました。
正直言って前日から歩き過ぎで、もうイヤにもなっていましたが、市バスに乗って市役所方面へ。
そして先ずは一保堂のほうじ茶を買うべく寺町通を北上して行きました。
写真の上二枚が一保堂本店ですが、お店の外観も中もレトロな感じが素敵です。
白い缶に入ったこの店のほうじ茶が昔から大好きですが、味も香りも上品な感じで美味しいです。
後はどこかで柴漬けを買って、明朝は出町ふたばに行って大福をゲットして帰る予定にしてました。
今度は寺町通をずっと南に下ってテクテク!この通は懐かしい感じのお店がいっぱいで良い感じ。
写真三枚目はあの池波正太郎が贔屓だった菓子屋さんで、好事福盧というお菓子が彼の作品でも
紹介されてますが、何時か一度は食べてみたいと思いながら未だ念願が果たせてません。 (/_;)
残念にもこの日はお休みだったので、写真だけ撮って我慢でした。・・・
写真六枚目のお店!ここはタイムスリップした様な店内の様子にやられちゃいました。
一体何のお店なんだろう?と思いながらも、きっと江戸時代のお店ってこうだったのかな?って想像でした。
次のあられ屋さんもガラスのケースに美味しそうなのがいっぱい。いろいろ買いたい気持ちになったけど、
荷物になるからと思い、又次回の楽しみにしちゃいました。最後の洋品店も看板のローマ字が良い感じ。
京都のお店ではこんな英語看板を良く目にしますが、不思議と和と洋がマッチしてるから面白いですね。
京都シリーズも残り後僅かですが、次回からはちょっと街の夜景をご覧頂いて〆たいと思います。・・・
[PR]

by macky5-fs | 2010-12-07 09:14 | 風景
2010年 12月 02日
青蓮院~円山公園界隈
b0153719_1013220.jpg


b0153719_1015524.jpg


b0153719_1022565.jpg


b0153719_1025536.jpg


b0153719_1032950.jpg


b0153719_1034487.jpg


b0153719_10411100.jpg


b0153719_1042490.jpg


b0153719_104398.jpg


b0153719_1045488.jpg

▼平安神宮を背にしてずっと南へと下って歩いて行くと、風情のある青蓮院前に到着です。
このお寺の雰囲気って好きなんですよねぇ~。見事な巨大古木に何時も圧倒されちゃいますが、
そもそもこのお寺は天台宗の開祖である伝教大師が比叡山延暦寺を開くにあたり、
僧侶達が住む為の坊の一つとして造られた青蓮坊が現在の青蓮院の起源だと伝えられているそうです。
暫く巨木に足止めされながらも、又南へとテクテク。知恩院前を通り過ぎ、円山公園へと入ります。
ここにもちょっと大昔の思い出が・・・。写真五~六枚目は公園内でちょっと目を惹かれるお店なのですが、
「いもぼう」という料理で有名な平野屋さん!これは干物の棒鱈をもどし、海老芋と一緒に炊き上げた
料理ですが、何と三百年もの歴史があるのですって。学生時代、誰かさんと一緒にこのお店でその伝統の
味を楽しんだ事が昨日の事の様に思い出されますが、上品に味付けされた海老芋と、干物だったとは
思えない様な棒鱈の炊き合わせの味は一度食べてみる価値が十分と思いました。・・・
公園南側の長楽館、その外観が素敵ですよね。ここも大昔ですが、ユースホステルで同宿だった皆と
お茶したなぁ~なんて思い出が・・・。確か昔はレディースホテルだったと記憶してますが、
今は普通のホテルになっている様な。?出来れば何時か泊まってみたいなぁ~なんて思っちゃいます。・・・
この日の終点、八坂神社はもうすぐ。白河法皇晩年の寵妃であった祇園女御の塚の横を通り、
夕暮れ間近の静かな通りを進んで行くと、何故か突然お腹がグゥ~ッ!・・・。あっ、お昼ご飯も食べずに
夢中で歩いていたなぁ~と思いつき、八坂神社南側の王将に即飛び込んじゃいました。 (^^ゞ
[PR]

by macky5-fs | 2010-12-02 11:04 | 風景
2010年 11月 29日
南禅寺~三条神宮道
b0153719_11181676.jpg


b0153719_11183313.jpg


b0153719_11184833.jpg


b0153719_1119362.jpg


b0153719_11192196.jpg


b0153719_11193442.jpg


b0153719_11194967.jpg


b0153719_1120199.jpg


b0153719_11201388.jpg


b0153719_11202849.jpg

▼南禅寺に着いた頃には汗びっしょり。この日は真冬ながらも暖かだったので、コートのインナーを外して
デイパックに収めるほどでした。南禅寺はTVの二時間ドラマで京都シリーズ物には良く登場してますが、
このお寺の開山は我信州の出身である無関普門禅師(大明国師)との事もあり、何となく親しみを感じます。
そして今から約100年以上も前に造られた琵琶湖疏水も南禅寺の境内を通り(写真三枚目)、
水路閣と呼ばれているのも見逃せませんよね。この疎水の完成により、琵琶湖の水が水運・電力・用水等の
供給に活用されて今日の京都の産業発展の基礎となったそうですが、当時の大工事と言えばその
すべてが外国人技術者の設計・監督によるもであった中、何とこの疎水は設計から建設までのすべてが
日本人によって行われた初事業だったそうです。春になるとインクライン(写真四枚目)の桜が本当に綺麗で
見事ですが、又機会があればこのインクラインの中も歩いてみたいなぁ~なんて思ってます。
南禅寺を後にして次は青蓮院方面へとテクテク!漬物屋さんの店先や懐石料理のお店を撮りながらも
大通りに出ると、右手には平安神宮の大鳥居がドッシリ・・・。和菓子屋さんの看板にも目を惹かれ、
楽しい散歩が続きます。何度も言っちゃってますが、京都歩きって本当に楽しいものですね。 (^^)v
[PR]

by macky5-fs | 2010-11-29 12:22 | 風景
2010年 11月 26日
鹿ヶ谷通界隈での雑写
b0153719_13581074.jpg


b0153719_13582579.jpg


b0153719_13583920.jpg


b0153719_13585419.jpg


b0153719_13591258.jpg


b0153719_13594282.jpg


b0153719_13592586.jpg

▼哲学の道を後にして、南禅寺方面へと向かいました。鹿ヶ谷通界隈でちょっと惹かれたモノ達をパシャリ!
緑色のソフトクリームに引き寄せられて行くと、その楽しいイラスト看板にニッコリしちゃいました。
招き猫の焼き物にもニンマリ!これ自分の部屋に欲しいなぁ~と思いながらも、写真撮影で我慢。
その先にはお好み焼きのサンプルが・・・。何せ私は昔からこんな食品サンプルが大好きなだけに、
又も嬉しくなって足止めされちゃいました。ここからまっすぐ南下すると、見返り阿弥陀の永観堂へ。
ここの塔も昔から雰囲気が好きなんですよねぇ~。やっぱり京都って最高!と思いながら歩いていると、
湯豆腐屋が数件並ぶ南禅寺北側の通りに到着です。そう言えばちょっと昔になりますが、
友達夫婦とその友人達を案内して京都を訪ねた事があります。この時は真夏のクソ暑い時期にも拘らず、
皆の希望でお昼に湯豆腐を。・・・まぁ~お味はともかく、エアコンのガンガン効いてる雪見障子を閉め切った
部屋の中で湯豆腐を食べましたが、でもやっぱり雪を見ながら冬食べるモノだよなぁ~!って、
つくづく実感した事を思い出しました。大昔、京都生まれで京都在住の方に、「何で京都で豆腐なのよ?」
って言われちゃったのですが、どうしてなのでしょうか?ご存じの方は是非教えて下さぁ~い。・・・
[PR]

by macky5-fs | 2010-11-26 14:26 | 雑景
2010年 11月 22日
哲学の道 Ⅲ
b0153719_9155963.jpg


b0153719_9162342.jpg


b0153719_9164423.jpg


b0153719_917382.jpg


b0153719_9172028.jpg


b0153719_9174014.jpg


b0153719_9175429.jpg


b0153719_9181269.jpg

▼哲学の道はこれで最後になりますが、何故この道が哲学の道と呼ばれる様になったのかをちょっと。
そもそもは哲学者である西田幾多郎という人物が、好んでこの道を散策しながら思索にふけっていた事から
以前は思索の道と呼ばれていたんですって。それがいつの間にか哲学の道になったのだとか。・・・
私がこの道を歩く時は、大体南禅寺方面から銀閣寺に掛けてなのですが、今回は珍しく逆コースを。
だからなんだという事は無いのですが、それでも川を右側にして歩くのと左側にしてあるくのでは、
多少違った景色が楽しめるなぁ~なんて思ったり・・・。写真六枚目と七枚目の看板は既に数十年も同じまま
の状態ですが、体を反転させて北向きになり、何時も南禅寺側から歩いて来る様に眺めて懐かしみました。
「でんほう・でんわ」・・・今なんて携帯持って無い人なんていないですものねぇ~。
私がこの道を初めて歩いた学生時代、もしも携帯とかPCとかネットとかがあったなら、もっと違った人生を
絶対に歩いていただろうになぁ~!なんて事を思いながら、今の学生を羨ましく思っちゃいました。 ^^;
[PR]

by macky5-fs | 2010-11-22 09:49 | 風景