カテゴリ:乗り物( 18 )

2010年 04月 27日
鉄道博物館 Ⅶ
b0153719_1035448.jpg


b0153719_104864.jpg


b0153719_1042058.jpg


b0153719_1043399.jpg


b0153719_1044652.jpg


b0153719_1045739.jpg

▼今回で鉄道博物館の写真は最後になりますが、最後に少し施設内のご案内を・・・。
車両や鉄道機材の展示は今迄UPの写真である程度雰囲気を感じて頂けたと思いますが、
これ以外にレストランの日本食堂や、実際走っている新幹線を見ながら休息のできるスペースなど、
鉄博は一日楽しめる様な施設になっています。昔は私も良くあちこちで利用した日本食堂ですが、
ここでは従業員のお姉さん達も昔のあのレトロな制服姿でちょっと感激でありました。
又駅弁もここでは売られており、駅弁を持って外にある休息用車両の中で食べればもう旅行中の気分です。
何とこの車両は私の愛着ある特急あずさ!何百回も乗った特急だけに、ちょっと来るモノがありました。
最後の写真は最上階北西にある休息スペース。東北・上越・長野の各新幹線が実際真横に走っており
小さな子供達は夢中でした。・・・今回の鉄博シリーズ、長らくご覧頂き本当にありがとうございました。
来月からは先日旅した神戸シリーズを予定しております。どうぞ来月も宜しくお願い致します。 <(_ _)>

▼ランチ・・・ ←クリック!
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-27 10:40 | 乗り物
2010年 04月 24日
鉄道博物館 Ⅵ
b0153719_8592221.jpg


b0153719_8593353.jpg


b0153719_8594627.jpg


b0153719_8595784.jpg


b0153719_90995.jpg


b0153719_902454.jpg


b0153719_903490.jpg


b0153719_90461.jpg

▼鉄博では客車ばかりでなく、貨物車両の展示もなされていました。今はJR貨物という会社出来、
コンテナ車両などはたまに目にしますが、でもあまり身近には感じられませんよね。
でも私の子供時代の記憶では、確か駅に荷物取り扱い窓口があって、今の郵便局や宅配便店舗の様に
荷物を送りに行った事が薄っすら残っている様な?・・・定かではありませんが、今よりも鉄道って
私達の生活に身近だった様に思います。ところで鉄博にはマニアが欲しがりそうな展示も沢山なんですよ。
列車のヘッドマークも沢山展示され、私の生まれる前のも沢山!これを見てるだけでも楽しかったです。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-24 09:17 | 乗り物
2010年 04月 21日
鉄道博物館 Ⅴ
b0153719_950772.jpg


b0153719_950183.jpg


b0153719_9502991.jpg


b0153719_9504035.jpg


b0153719_9505198.jpg


b0153719_95141.jpg


b0153719_9511520.jpg


b0153719_9512765.jpg

▼新幹線も進化し続けてますよね。でもこの0系は日本躍動期の象徴だったなぁ~なんて思います。
写真は上四枚が東海道新幹線で、下四枚が東北新幹線エリアでの撮影になります。
東海道新幹線のこの車両に初めて乗ったのは中学の修学旅行で京都~名古屋間だったと記憶してますが、
かなり感動だった様な。その後何度も新幹線に乗ったものの、この0系が「ひかり」を引退して各駅停車の
「こだま」になった時も、やくやく名古屋から東京まで時間を掛けて「こだま」に乗車した事がありました。
残念にもこの東海道新幹線の0系、鉄博での展示は僅か先頭部分だけなのが悲しかったですが、
当時の座席シートの方が後のシートよりも、ゆったりで座り心地が良かった様に感じた事を思い出しました。
下写真の初代東北新幹線にも数度乗車した事はあるのですが、どうもあまり記憶が無くて・・・。
丁度この日の鉄博では、連結部分が突出する様子の公開もあり、写真七枚シーンも撮影出来ました。
鉄博シリーズは後二回ほど続きますが、今暫くお付き合い下さいませ。 (^^ゞ
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-21 10:10 | 乗り物
2010年 04月 15日
鉄道博物館 Ⅳ
b0153719_11708.jpg


b0153719_1171271.jpg


b0153719_1172498.jpg


b0153719_1173573.jpg


b0153719_1174863.jpg


b0153719_1175945.jpg


b0153719_118932.jpg

▼特急列車「こだま」のお古車両が特急「あずさ」となり、我生息地から新宿間を走る様になりましたが、
その頃の特急車両は確か写真上四枚と同じ車両だったと思います。座席もまだリクライニングの無い
ベンチシート型だったんですよね。でも前座席の背後には小さなテーブルが付きお洒落に感じたものです。
そうそう、あの狩人の「あずさ2号」が大ヒットした事も思い出しますが、まだこの車両が日本全国各地を
元気に走っていた頃は、この国も今と違って超元気で、世の中には活気が溢れていたのになぁ~。・・・
ブルーレイン!私ね、この列車にはメッチャ憧れていたんです。もうかれこれ二十年も前になりますが、
島根地方の旅を計画。帰りはブルートレイン特急出雲のグリーン個室を予約し、出雲から東京までじっくり
寝台個室を楽しむ事にしていたんです。チケットが取れた時は本当に嬉しくて、勇んで東京を出発。
神戸を遊んで姫路に入り、翌日は姫路城を見てから岡山方面へと足を進めようとしていた頃、
何と祖母が他界して急遽旅行を中止で帰宅。そんな訳でこの旅以後はまったくブルーとレインに乗る機会に
恵まれず、何時の間にか現在に至ってしまいました。ここ数年ブルートレインの多くが廃止にとなって、
既に残こる路線も僅かですが、完全にブルートレインが姿を消までには是日とも乗車したいと願っています。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-15 11:53 | 乗り物
2010年 04月 12日
鉄道博物館 Ⅲ
b0153719_9554414.jpg


b0153719_9555785.jpg


b0153719_956817.jpg


b0153719_9561954.jpg


b0153719_9563213.jpg


b0153719_9564447.jpg

▼最初から三枚までの SL 写真は、この鉄道博物館のメインらしき機関車で、汽笛を鳴らしながら一日に
数回台座が360度回転して来館者の目を楽しませてくれます。懐かしい制服を着た機関士さんも登場!
子供も大人も皆がこの大きな機関車の動きには暫くの間目を奪われてしまいます。・・・
四枚目はかつて走っていた JR バスだそうですが、このスタイルとっても素敵だと思いませんか。
こんなボンネットバスが今も走ってくれたら、絶対に大人気になりそうなのですがね。
学生時代、東京駅八重洲口から京都駅までを走る夜行高速バスのドリーム号に乗るのが大好きで
良く利用しましたが、当時の夜行バスは窓のカーテンを閉め切られる事が無く、夜景を一晩中楽しむ事が
出来たのです。でも最近の夜行バスは出発してすぐにカーテンが閉められ車内は真っ暗に。
まぁ~これも夜行バスだから仕方無いとは思いますが、私的には昔の楽しみが無くなって寂しいです。・・・
最後の二枚は電気機関車ですが、最後の写真からは何と無く昔の国鉄時代を連想しちゃいました。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-12 10:22 | 乗り物
2010年 04月 09日
鉄道博物館 Ⅱ
b0153719_1014985.jpg


b0153719_10142488.jpg


b0153719_10143533.jpg


b0153719_10144898.jpg


b0153719_1015068.jpg


b0153719_10151668.jpg


b0153719_10152864.jpg


b0153719_10154249.jpg


b0153719_10155241.jpg

▼最初の二枚は明治期の機関車と客車でしょうか?ちょっと小型で玩具の様にも感じてしまいましたが、
当時の人々は今の私達とは違って小柄な体格だったから、丁度の大きさだったのでしょうかね。
三枚目から五枚目は展望車が連結されている富士ですが、レトロな内装がとても豪華で素敵な感じです。
きっとこんな列車で旅が出来たのは富裕層の人々だけだったのでは・・・なんて事を想像しちゃいましたが、
和洋折衷の内装も中々見事で良いものだなぁ~なんて改めて感じさせられちゃいました。
六枚目から下は中・近距離列車という感じでしょうか?最後の二枚の写真の車両は何処かで見た様な・・・。
確か十数年前までは横浜の鶴見線でこんなレトロ車両が走っていて乗車した様な記憶があるのですが、
板張りの床がとっても懐かしく、あの独特なワックス臭が思い出されてしまいました。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-09 10:37 | 乗り物
2010年 04月 05日
鉄道博物館 Ⅰ
b0153719_954749.jpg


b0153719_954185.jpg


b0153719_9542918.jpg


b0153719_9544113.jpg


b0153719_9545340.jpg


b0153719_955654.jpg


b0153719_9551857.jpg


b0153719_9553380.jpg

▼エントランスの改札を抜けて右側の部屋に入ると、すぐにこんなレトロな機関車が迎えてくれます・・・。
神田須田町にあった交通博物館が閉館となり、新たに OPEN した大宮の鉄道博物館ですが、
期待して訪ねただけの価値は十分にありました。実は、地元ラジオ局の某番組が以前この鉄博から
放送を中継した事があり、蒸気機関車の汽笛の音などが聞こえた時には絶対に行く!って決めてました。
平日の午後一番の訪問でしたが、やはりこの日は平日で空いていた為、ゆっくり撮影が出来最高でした。
子供のみならず大人も沢山訪ねているそうですが、この日は仕事をエスケープして来た様な
スーツ姿で鞄を持った営業マンらしき人々が沢山目に付きましたね。 (^O^)
鉄道は好きなれど知識の無い私ではろくな解説も出来ませんが、暫く懐かしい列車の勇姿をご覧下さいませ。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-05 10:16 | 乗り物
2010年 04月 02日
鉄道博物館へ
b0153719_10435518.jpg


b0153719_104466.jpg


b0153719_10441835.jpg


b0153719_10443080.jpg


b0153719_10444136.jpg


b0153719_10445938.jpg


b0153719_10451021.jpg


b0153719_10452026.jpg

▼大宮に鉄道博物館が新設されて大人気とのニュースを見て以来、必ず行くぞ!と決めていました。
休日は凄く混み合うとの事で平日を選んで見学に。館内に入るなり子供の頃の様なワクワク感でありました。・・・
先ずはJR大宮駅からニューシャトルに乗って一駅先の鉄道博物館駅(大成)へと到着です。
改札を出て広い通路を真っ直ぐ進んで行くと、そこには大きな列車の動輪や台車等が展示されており、
鉄道博物館への期待が大きく膨らみます。そしていよいよ博物館の前へ。ここは駅のきっぷ売り場の様で
現金はもちろん Suica で電子チケットを購入して入場する事もできます。もちろん私も Suica で入場。
エントランスに入ると又も駅の改札と同様に自動改札機が並んでいて楽しい気分。
やっと念願叶っての鉄道博物館は、もう夢中での三時間ほどの見学時間は最高の思い出となりました。・・・
子供の頃、私は車やバスだと乗り物酔いがひどく、自動車嫌いだっただけに鉄道が大好き!
列車での初めての長旅は、まだ L 特急などが走っていなかった中央東線の急行アルプスに乗って、
家族皆で東京へと遊びに行ったが初めてでした。・・・そして中学の修学旅行では初めて東海道新幹線に
乗車し、(先般引退した最初の0系車両でした。) かなりの感激だった事が昨日の様に思い出されました。
又、中央線に特急あずさや特急しなのが運行され、初めてこれに乗った時の嬉しかった事なども思い出し。・・・
現在、にわか乗り&撮り鉄の私ではありますが、鉄道には今でも夢がいっぱいと感じてまいす。
それでは暫くの間、一緒に鉄道博物館見学にお付き合い下さいませ。楽しんで頂ければ幸いです。
[PR]

by macky5-fs | 2010-04-02 11:23 | 乗り物
2010年 01月 09日
帷子ノ辻乗り換え
b0153719_9584950.jpg


b0153719_959430.jpg


b0153719_9591891.jpg


b0153719_9592890.jpg


b0153719_9593991.jpg


b0153719_9595186.jpg


b0153719_100488.jpg

▼嵐山へと向うべく乗車した電車は、暫くすると帷子ノ辻駅で下車して乗り換えとなります。
写真上三枚が帷子ノ辻駅構内での撮影ですが、一枚目写真の列車が北野白梅町駅から乗車の車両です。
そう、嵐電はローマ字の Y の様な路線になっていますので、北野白梅町と四条大宮の両駅から
嵐山へ向う電車が走っている訳なんですね。でも通常、四条大宮から嵐山への直通列車はあるものの、
北野白梅町から嵐山への直通運転はありません。まぁ~行楽期のみ直通運転もある様ですが、
通常は必ず北野白梅町から嵐山へ向う場合、帷子ノ辻で乗り換えとなる訳です。
最初写真の軌道を良くご覧頂くと、この駅が分岐になっている事がお解り頂けるかと。・・・
ところで昨年の十月、鎌倉の江ノ電とこの嵐電が姉妹提携し、嵐電では江ノ島号!江ノ電では嵐電号!が
互いに運行されていたんですねぇ~。どちらも大好きな電車だけに、何かとっても嬉しくなっちゃいました。
写真下四枚は到着した嵐山駅ですが、下車した乗客は皆先を競って改札をスルー。
なのに私一人だけが又もホームをあちこちソワソワ!鉄ちゃんの気持、最近良く解かります。(爆)

▼お薦めテキスト・・・ ←クリック!
[PR]

by macky5-fs | 2010-01-09 10:56 | 乗り物
2009年 10月 01日
荒川車庫前・都電おもいで広場へ
b0153719_840109.jpg


b0153719_8402230.jpg


b0153719_8403545.jpg


b0153719_8404663.jpg


b0153719_8405760.jpg


b0153719_841968.jpg


b0153719_8412062.jpg

▼三ノ輪橋駅を後にして、荒川車庫前へと向いました。何故荒川車庫前で下車したかと言うと、
ここには二年程前に出来た『都電おもいで広場』が存在していたからなんです。
残念にもこの日は事前の調査不足で閉場となっており、柵の外からの撮影になってしまいました。
それでも懐かしい風情の車両の姿には感激しちゃいました。写真四枚目の車両は5500形。
昭和29にアメリカの最新技術を導入して製造された車両だそうで、その丸みのある姿が独特でした。
写真六枚目は旧7500形で昭和37年製。引退前の数年は朝のラッシュ時に通学輸送に活躍したそうで、
学園号という愛称が付けられたそうです。都電としてはニ灯装備のライトなのが珍しいそうです。
尚、『都電おもいで広場』は土曜・日曜・祝日のみの開場だそうで、入場は無料!訪ねる時には是非とも
開場されている日に。・・・あっ、開場時間は10:00から16:00までだそうです。・・・
[PR]

by macky5-fs | 2009-10-01 09:10 | 乗り物